HOME CAFERINGピンクダイヤモンド

世界中の花嫁たちから愛されるピンクダイヤモンド

触れるたびに、優しさや幸福や愛情を感じさせてくれるピンクダイヤモンド。その希少性の高さから、花嫁の憧れのダイヤモンドとされています。

ピンクダイヤモンドの産出

世界のピンクダイヤモンドの約90%はオーストラリアにある「アーガイル鉱山」から産出されます。アーガイル鉱山は、1979年に、パースから2500キロメートル離れた西オーストラリア州西キンバリー地区のアリ塚の密集している地帯に埋もれていたのを発見されました。
アーガイル鉱山は2020年に寿命を迎えると発表されています。坑道を掘らずに採掘できる分はすでに枯渇してしまっており、あとは地下鉱山に眠る原石のみ。これを最後に、アーガイル鉱山のピンクダイヤモンドは枯渇してしまうと考えられています。

今のところ、アーガイル鉱山と同等のピンクダイヤモンドの鉱脈は見つかっていません。
ダイヤモンドの中でも希少価値の高いピンクダイヤモンド。2020年に鉱山が閉鎖するとなると、流通は今よりも限られ、価値はさらに上がると予想されます。

天然のピンクカラー

ピンクダイヤモンドは、地球が生み出した奇跡の宝石。思わず見入ってしまうほど美しく、神秘的な魅力にあふれています。

この美しいピンク色の起源には様々な説があります。一説には「圧力によって地表近くに押し上げられ、炭素構造が歪んで、ピンク色になった」といわれていますが、未だその謎は解き明かされていません。
可愛らしい色の中に秘めるミステリアスさも、ピンクダイヤモンドの魅力のひとつです。

アーガイル鉱山から産出されるダイヤモンドの中でも、宝石と呼べるクオリティのピンクダイヤモンドは10,000分の1とされています。計り知れないくらい貴重で希少な自然からの贈り物です。
その希少性から「完全無欠の愛」「永遠の絆」とも言われ、花嫁の憧れのダイヤモンドと称されます。

ピンクダイヤモンドの厳選基準

一般的に、ピンクダイヤモンドの価値のほとんどは色と重量で決められます。
そのため、カットが基準に満たなくてもカラーさえ良ければ評価されます。ですが、CAFERINGでは品質に妥協することなく、カット後の状態の良い物やインクルージョン(内包物)が少ないダイヤモンドを厳選し、お客様にお届けしています。
さらに、ピンクダイヤモンドは希少性が高く流通量が限られるため一定の品質を保つ事が難しいとされていますが、CAFERINGでは独自のルートを持っており品質の安定性が高く、ベテランのダイヤモンドソーター(ダイヤモンドを選別する職人)が、一定の時間・場所・環境の下、色味が明るく発色の美しい、上質の天然ピンクダイヤモンドだけを厳選して仕入れています。
一生もののブライダルリングに相応しい品質と言えます。

“ローズピンク”と“サクラピンク”

CAFERINGのピンクカラーは、天然のナチュラルピンク。フェミニンに、エレガントに輝きます。
Fancy Light / Very Lightクラスを中心に、お好みに合わせて「ローズ」「サクラ」2色のカラーからお選びいただく事が可能です。サクラはほんのりと優しいピンク、華やかで明るいローズは希少性が高く、どちらも人気のカラーです。

ピンクダイヤモンドの美しいグラデーション

人気の結婚指輪「ローブドゥマリエ」のピンクダイヤは、色味・発色・サイズを美しくグラデーションさせるため、量産が難しく、特に価値の高い作品です。5石のダイヤモンドは、ローズピンクからサクラピンク、そしてピュアなホワイトダイヤモンドへと流れるように配置されています。

- Present -
来店予約特典

石川県金沢・野々市市で婚約指輪〈エンゲージリング〉結婚指輪〈マリッジリング〉をお探しならTAKEUCHI BRIDAL野々市店へ

/